小林 モー子 -Perles-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オートクチュール刺繍


今日は今月から始まったオートクチュール刺繍教室について少し説明します。


昨日 Paris マルミットチームのフォトグラファー山本郁ちゃんが日本に到着しました。
本当は今年の8月末にマルミットのメンバーと渋谷でイベントを企画していましたが、、
中止になってしまい、ざんね~ん!!
ここでデモンストレーションをしてどんな刺繍なのかを皆さんに見ていただけたらと思っていたのですが、、、

なので、日本到着したその日にお家にご飯を食べに来てくれた郁ちゃんに写真を撮ってもらいました!!

CIMG4361_convert_20100716162704.jpg

普段私がブログに載せているアクセサリーもこの刺繍枠(メティエ)と、かぎ針(クロッシェ)を使い
刺繍しています。
針が通らない小さなビーズも、一枚一枚大変なスパンコールもこのクロッシェを使いこなせる様になると
スピーディーにさす事が出来ます。
この刺繍枠は生地をピンと張る事ができるので、両手が自由に使え仕事もしやすく
ピーズやスパンコール以外にも、モール糸、わら、革、スワロフスキー、コード、、、etc
様々な素材使って刺繍を施すオートクチュール刺繍には欠かせない道具です。

教室ではこのクロッシェを使ったテクニックを徐々に学んでいきます。
写真のモチーフは入門コースです。
まずクロッシェになれて頂く為に生地の張り方から、クロッシェの使い方、糸を使った基本の刺し方から始まり5回のレッスンで終わらせます。
最後のレッスンは次ぎへのステップの為にスパンコールや、ピーズが登場します。

そしてだんだん、だんだん高度なテクニックになり、、、、スパンコールを立たせて刺したり、モチーフがとび出す様な立体刺繍にも挑戦しています。

オートクチュールが減ってきた今、フランスでもこのテクニックを使う職人さんがいなくなっています。
古くから伝わるこの伝統技術を日本で少しでも多くの方に知って頂けたら嬉しいです。


8月のイベントが中止になってしまいましたが11月の後半に新宿伊勢丹にてデモンストレーションと簡単な
ワークショップをする予定です。アクセサリーの販売もしますので是非見に来て下さい。
また詳しくブログにアップしますね。


スポンサーサイト
  1. 2010/07/17(土) 12:21:38|
  2. maison des perles
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ふゆのコレクション | ホーム | フリーハンドハート>>

コメント

11月!!

8月のイベントが中止になってしまったのは残念ですが、
11月の後半にある、新宿伊勢丹でのデモンストレーションと簡単なワークショップを楽しみにしています!!
ワークショップ参加したいです!!興味ありますから!
それに作品たちも楽しみにしています♪

連日暑い日が続きますが、ご自愛くださいね。
こうやって、お教室の流れが分るのって貴重ですよ~!!
  1. 2010/07/17(土) 13:46:40 |
  2. URL |
  3. まさみ #KOlSz3/c
  4. [ 編集]

わっ!素敵な写真!!
モーコちゃんの作品が出来上がったらまた是非見せてね♪
昨日18世紀初頭から現代のボタンのexpoを見てきたの。こじんまりとした展示だったけど面白かったよ。
  1. 2010/07/17(土) 18:05:21 |
  2. URL |
  3. mg #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mokokobayashi.blog64.fc2.com/tb.php/94-cdf1260d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。