小林 モー子 -Perles-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フランスの色

ちょこちょこと進めていても駄目だと思い一昨日心を決めて一気に集中

そしてやっとサイトが出来ました→http://www.maisondesperles.com
まだ完全とは言えませんがまた少しずつ手を加えて行こうと思ってます。
細かいテクニックを知らないのでとってもシンプル、サイトを作るプロの方から見たら『へ???』
っと言う感じなのかしら。。。。


それから先日Galleria AMICA
の岡田さんより素敵な本が届きました。

Couleurs de la France フランスの色

パリに行って気が付いた事の一つに私は色を伝える為の言葉が乏しい。
赤、青、黄色。。青緑、、、、、など
空は青、海も青、トマトは???赤と表現する。
赤だって青だって沢山有るのに言葉を知らないから幼稚な表現しなってしまう事に気が付きました。
フランス人はもっと色の表現が幅広いのです。
だから私もなるべく相手の頭の中に想像しやすい様に伝える事を心がけていました。

でも、DICカラーを見て覚えようとしても、その色と名前だけでは頭に入らない。
実際にその物を見て感じて頭に焼きつかない限り使えないのです。


例えばワインでもボルドーの赤紫と、ブルゴーニュの赤紫は違う。
これもパリに居たから日々グラスに注がれるワインを見て覚えた事。  

シエナの土の色と言われて、パッと頭に思い浮かべられる様になりたい。。

そこでこの本。



色の説明や由来、そして写真付きです。
そうそうこんな本が欲しかった、
写真も素敵、パリの写真集を見ながら色を楽く学べるの様なお進めの一冊です。



CIMG4025_convert_20100503143228.jpg




CIMG4023_convert_20100503143140.jpg





平凡社 コロナブックス 『フランスの色』Couleure de France



スポンサーサイト
  1. 2010/05/03(月) 15:41:07|
  2. publicite
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<松永沙織さんのシルクペイント | ホーム | muguet>>

コメント

早速HPを拝見させて頂きました!

とっても素敵な世界が広がっていました!モー子さんの世界がちゃんとHPから伝わってきます。
白背景に、色々な色の温度を感じます。作品から密やかな声が聞こえて来そうで
思わずモニタに向かって耳を傾けてしまいました。とっても素敵なHPだと思います!!

モー子さんのこれまでの作品、そして新しいコレクション、どれも魅力的で
いつか、オリジナルオーダーがしたい!!そう思っています。
モチーフは決まっているのですが(笑)

ビーズは小さい頃から親しんできた素材。大好きな素材。
ビーズ一つ一つが、様々な形とパレットを広げたような彩りをもって形成す。
本当に美しく、そして可愛いです。ファンタジーの世界ですよね。
素敵!!
  1. 2010/05/03(月) 18:45:10 |
  2. URL |
  3. まさみ #KOlSz3/c
  4. [ 編集]

みたよ!

mokoちゃんのホームページ、シンプルでみやすい:)

この前教えてくれたフランスの色の本、夏に日本へいったら探してみたくなりました
上を見て歩く癖がフランスに来てからますます強くなったのは色んな表情をする空の色がみたいから、市場の鮮やかさも好き。写真を撮るとなんでだろう?の本とフランス色みがちがうのは?

ホームページ更新たのしみだわ 

  1. 2010/05/05(水) 06:33:49 |
  2. URL |
  3. miki #vzxnpeRg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mokokobayashi.blog64.fc2.com/tb.php/83-a9eaa7a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。