小林 モー子 -Perles-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

大月雄二郎 個展

以前にも紹介したパリ在中の画家大月雄二郎氏の個展が
本日12月1日~12月26日までLIBRAIRIE6 にてはじまります。


世界的に有名なパリのギャラリー・ヴァロワを中心に、
ヨーロッパでの個展開催をメインとしている大月氏の作品を日本で観ることができる機会があまりないので、
貴重なエキシビジョンのひとつです。
お近くに行かれる際には是非、ギャラリーに寄ってみてください。


大月雄二郎氏のプロフィールとサイト
1948年神戸生まれ。
69年に状況劇場に入団、71年に退く。そのころから銅版画に興味を抱き、
山本六三によってその手ほどきをうける。72年からはパリに移住し、78年、
同地で池田満寿夫に出会い、ドライポイント技法を習う。81年、作家・映像
作家ロラン・トポールと親交がはじまり、多大な影響を受ける。同年の番
町画廊での銅版画展以来、東京、パリをはじめブラッセル、モンテカルロ、
イスタンブールなどで数多くの個展、グループ展、国際美術サロンに出品。
稲垣足穂の作品と思想に魅かれ、数多くの版画・リトグラフ・油彩・デッ
サン・オブジェを制作。2001年に「時間の色」、03年に「キネマの月」を
東急文化村ギャラリーでの個展で発表。04年、カンヌ国際映画祭監督週間
のポスターを手掛ける。07年、オブジェ作品の延長としての写真作品のシ
リーズ「世界の意味」をギャラリー椿にて発表。同年、国際フォーラムギ
ャラリーにて小林モー子との合作「ペルル」発表。08年、Galerie VALL
OISにてオブジェ展「地上のかけら」を開催。同ギャラリーにて2011年、
新作オブジェ展開催予定。


Raile-1-a.jpg


Raile-4-b.jpg


Raile-map.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/12/01(水) 14:14:09|
  2. exposition
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<個展のお知らせ | ホーム | 38Hands 展>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mokokobayashi.blog64.fc2.com/tb.php/125-abd89b9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。